ねとねた

気になったネタを2chから紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BL新日本史1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:10:22.19 ID:aFyUu1y20
なんかエライ人ホモばっかじゃね?



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:11:10.58 ID:eOkuczwa0
偉くなりたかったらホモになれ!



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:21:44.61 ID:oZ7VSF3QO
>>2
ロリショタも好物な俺は偉人ってことか



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:11:39.26 ID:QjvOSy/LO
ホモを禁止してる宗教は少数派



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:12:30.03 ID:aFyUu1y20
今更なんだよなBLって騒いでるの
きっとお前らの曾祖父さん辺りとかきっとホモなんだぜ



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:14:06.36 ID:/Uhl620I0
衆道っていってやんなよ



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:14:46.75 ID:aFyUu1y20
昔の殿様ってホモセックス用の人
側に置いてあったんだろ?
新選組でもホモブームがあったんだろ?



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:15:41.44 ID:YcpbMSXBO
っても主にショタだろ
しかも女の子に見えるから襲ったりしたんだろきっと






15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:16:17.50 ID:epGGAWKlO
一方古代ローマバイだらけだった



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:19:25.23 ID:cOEhwZxS0
日本限定じゃないだろ
偉人は大抵ホモロリコン



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:38:13.22 ID:xXduoeLvO
マジレスすると割と世界中似たようなもん
ギリシャなんて竿と穴で鉄の結束を誇った軍隊もある



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 20:44:57.63 ID:j2tj2yRj0
古代ギリシャでは男が美の象徴でうんたらかんたら



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 20:45:54.70 ID:/Uhl620I0
>>63
包茎万歳彫刻見ろよ、って言いたいのかな
がんばっ



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 20:50:30.79 ID:n1KaTmrxO
古代ギリシャでは、ズルムケよりも仮性の方が良いものとされたんだよな


実際、仮性は可愛いからズルムケよりも好き
むしろズルムケは嫌






16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:17:22.27 ID:aFyUu1y20
蘭丸とかじつはガチムチ系だったんだろ?若かったけど

よくよく考えたら、ソクラテスホモ



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:17:59.17 ID:6js1UfrR0
戦国大名は部下と寝るのもコミュニケーションの一つであり嗜み
有名な武将で衆道を嫌悪してたのは豊臣秀吉ぐらい



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:44:03.73 ID:6T0abIf6O
秀吉はやらなかったところを見ると
上流階級の嗜みなんだろうな




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:47:59.10 ID:DctG5tFq0
>>46
世継がなかなか出来ないから男に構ってる暇なかっただけじゃね?







31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:28:57.31 ID:Wf43sPt30
ホモ説はあっても、信憑性はあるんだろうか…



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:31:10.76 ID:6js1UfrR0
>>31
武田信玄は本人直筆と判明してる書状で部下に浮気の言い訳と詫びをしているものがある



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:35:42.58 ID:3iCXqcXEO
>>31
平安時代の日記読んでみるといいよ

『台記』とかすごいぞ



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:29:53.59 ID:3iCXqcXEO
細川政元×藤原頼長






破戒と男色の仏教史 (平凡社新書)34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:29:57.47 ID:Ji/YaGq2O
武家より坊主のほうが変態
坊さん見習いのショタっ子に化粧させて髪長いままにさせて男の娘にしてエロいことしてた



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:34:05.50 ID:aFyUu1y20
>>34
ああ坊主は性的に倒錯してそうだね。
キリスト教なんかも性的に倒錯してるな



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:47:47.75 ID:Ji/YaGq2O
>>37
所謂「稚児」ってのは、仏教的に穢れた存在である女に見えるけど実際は男。
うろ覚えだけど、その特殊性から稚児を仏に近い存在とみなして、彼らと性的な交わりを持つことで、より成仏に近づけるとかいう考えもあったらしい。

実際は寺院という閉鎖的な男社会の単なる欲望の捌け口になってたみたいだが。
「稚児物語」とか「松帆浦物語」(松保浦だったかな?)でググると色々出てくるぞ。



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:49:12.28 ID:Ji/YaGq2O
訂正
×稚児物語
稚児草紙

追加で鳥部山物語とかも。



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:50:28.76 ID:aFyUu1y20
>>49
さんきゅちょっと調べてみる。
にしても、こう考えるとゲイって別にマイノリティじゃないんだな。



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:50:53.91 ID:/Uhl620I0
>>53
なんなら真言密教も調べれば



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:54:25.73 ID:aFyUu1y20
>>54
あんがと、今日の検索はこの手の物を調べるとする。

やっぱゲイってよりショタなんだな、調べると。
でもある意味昨今のゲイカルチャーより、エグイというか生々しいというか…



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:56:24.05 ID:Ji/YaGq2O
>>53
ぶっちゃけ男性間の同性愛が禁忌とみなされるようになったのは近代以後、キリスト教的な価値観が浸透したからだとよく言われてるな。
江戸時代までは陰間(かげま)っていう男娼がいたくらいだし。
歌舞伎が発展する途中で出てきた若衆歌舞伎が幕府に禁止されたのだって俳優が売買春の対象になって風紀上問題があったからだ。
まあそんだけポピュラーではあったわけだよ。






真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション [DVD]35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:30:02.69 ID:aFyUu1y20
真夜中の弥次さん喜多さんは面白かった



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:45:27.31 ID:6js1UfrR0
弥次喜多は今で言うエロありのラノベだからな
二人の関係は陰間茶屋(ホモ売春宿)の常連と元贔屓の男娼
旅先で二人して女にちょっかいかけて上手くいかなかったら二人でアッー、が毎度のパターン






38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:34:13.50 ID:dioExFwU0
男だらけの世界だとゲイになりやすいのかね



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:41:35.43 ID:/Uhl620I0
>>38
江戸期なんて男女比が4:1がデフォ
ちょいと美人なら小町ですよ






41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:39:30.57 ID:Yvu+XnwiP
昔からある裸祭なんかも、そういう要素あったのかね?
新入りを若衆が囲んで・・・みたいな





43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:41:14.88 ID:aFyUu1y20
>>41
一番下の真ん中のハゲ
良い腹筋してるな



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:39:50.02 ID:DctG5tFq0
偉くなると女とか自由にとっかえひっかえ遊べるから飽きて男に走るんだよ
『色を好む』って言葉あるけどアレって性別無視する程の好き者って意味だぜ



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:42:27.13 ID:BB0gqzlRO
まあ別に真の意味での同性愛者ってわけではないんだよな

確か源氏物語にもホモシーンある
空蝉の元へ行ったけど断られて別室でふてくされてるところに、そっくりな弟(12歳?)が様子を見にやって来たからそいつとヤった、みたいな

いとらうたし…とか書いてあった気が


多分当時もそういうのは沢山あったんだろうけど、源氏物語にあまり書かれていないのは

花嫁修行中のうら若き高貴な乙女たちにはやることが沢山あるのに、二次元(やおい)にハマらせるわけにはいかないから…とか誰かが解説しててワロタ



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:53:25.31 ID:JA2DagK0O
ホモとかゲイなんて外国から入ってきた差別意識だからな
それまでは人を愛するのに性別なんて関係なかったんだよ。いい話だろ
美少年の尻追いかけてばっかいたせいで世継ぎがいなくて血みどろの後継者争い起こした大名家とかあったけどいい話なんだよ



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:56:18.51 ID:aFyUu1y20
>>55
まぁそうなんだろうけど。
俺は男を抱くのは無理だな。ショタとか綺麗な子でも。
やっぱ自分でするには嫌悪感があるし、受け入れられんよ。



ソドム百二十日 (河出文庫)59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 19:58:29.30 ID:/Uhl620I0
ついでにサドのソドム120日とか短編だから読んどけばいいよ



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 20:14:45.68 ID:am9quvnx0
俺がショタコンなのも当然だな



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 20:25:46.42 ID:Ji/YaGq2O
需要ないかもしれんが、中国の同性愛の歴史も恐ろしく古いぞ
「竜陽君」,「分桃」、あと「断袖之寵」とかでググると面白い



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 20:46:14.07 ID:4SgWfYPb0
女の穴は生殖の穴で、尻の穴は快楽の穴って言われてたくらいだからな



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/19(火) 22:11:08.42 ID:/+UO3q6vP
ショタを好きになるって普通なんだな。
よかった




日本って昔からホモの歴史だよな

【関連記事】
男の娘キャラで抜いたことある?
昔の人はこんなので抜いていたのか
ロボットで抜いてしまった
源氏物語面白すぎだろ

武士道とエロス (講談社現代新書)
武士道とエロス (講談社現代新書)氏家 幹人

おすすめ平均
stars武士道の裏側
stars男色とは
stars入門のための入門。
stars日本人の「エロティシスム」に関する必読の書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[PR] ホテルリステル猪苗代ウイングタワー&本館 中古パソコンのイオシス
コメント
この記事へのコメント
なんでそんなに詳しいんだよ
2010/10/22(金) 01:52 | URL | #-[ 編集]
よかったよかった
2010/10/22(金) 01:57 | URL | #-[ 編集]
>>15
古代ローマ全体で見ると同性愛はあまり一般的じゃないぞ。
強いタブーではないがちょい悪趣味、みたいな扱い。
帝政後期になるとハドリアヌスみたいなギリシャかぶれが
アテネ式の少年愛に耽溺したので
少しは普及したかもしれんが。

とにかく日本で男色が普通だったのは確か。
店の旦那が小僧と、なんて話もよくあって
その旦那が妾宅に通うのに嫉妬した小僧が
ご新造と結託して、なんて笑い話も。
2010/10/22(金) 11:27 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vitaminabcdefg.blog6.fc2.com/tb.php/896-2b65c25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。