ねとねた

気になったネタを2chから紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 :◆NASA.emcN. @びらぼんρ ★:2009/01/01(木) 22:30:33 ID:???
via NASA

054-001.jpg NASAは12月30日、2003年2月1日に起きたスペースシャトル・コロンビア(STS-107)の空中分解事故についての最終事故報告書を公開した。

計400ページにも及ぶ報告書の中で、機体が制御不能に陥った後の40秒間、搭乗クルーらは生存していたものの、その後の急激な減圧で意識を失い、どのような装備を用いたとしても、生存できた可能性はなかったと結論付けた。

また、制御不能になった後、宇宙飛行士らは最後までその原因を特定しようと努力し、大量なデータが残されており、あまりにも急激な減圧により、ヘルメットを被る時間もなかったという。

NASAはこの報告書の中で、宇宙船内及び宇宙飛行士の装備についての改善項目を多く挙げている。

「私は商業と民間に関わらず、世界中の宇宙船デザイナーに、この報告書を読み、多大の犠牲を払ったこの厳しい教訓を学んで欲しいと呼びかけている。
勇敢なコロンビアの搭乗クルーらが、宇宙船をコントロールするため、あらゆる方法を試みたが、この事故では生存できる可能性はなかった」
今回の報告書について、元シャトル計画マネージャーのウェイン・ヘール氏(Wayne Hale)はこのように述べた。

この写真は2003年2月1日、ジョンソン宇宙センターの入り口に置かれた花束、気球、旗など。STS-107ミッション、コロンビアに搭乗し、亡くなった7名のクルーは以下の通り。

リック・ハズバンド(船長)
ウィリアム・マッコール(パイロット)
マイケル・アンダーソン(ミッション・スペシャリスト)
カルパナ・チャウラ(ミッション・スペシャリスト)
デイビッド・ブラウン(ミッション・スペシャリスト)
ローレル・クラーク(ミッション・スペシャリスト)
イラン・ラモーン(ペイロード・スペシャリスト)

ご冥福を心からお祈りいたします。

ソース:http://www.sorae.jp/030604/2761.html
画像:http://www.sorae.jp/newsimg09/0101columbia.jpg
Sorae.jp 2009年1月1日


【参考】
■NASA
NASA Report Reviews Crew Safety Measures During Columbia
Accident, Recommends Improvements
http://www.nasa.gov/home/hqnews/2008/dec/HQ_M08269_Crew_Safety.html
Columbia Crew Survival Investigation Report (PDFファイル)
http://www.nasa.gov/pdf/298870main_SP-2008-565.pdf

9 :名無しのひみつ:2009/01/01(木) 22:44:10 ID:oQJy9NUI
アメリカはこういう報告書を安くペーパーバックで普通に販売する。
9.11の報告書も500ページ以上あるが8ドルくらいで売っていたはず。
日本じゃ特定の出版社から高い値段で地味に出る。
情報普及のためと出版利権のためだから違うのは当然だ。

13 :名無しのひみつ:2009/01/01(木) 23:22:57 ID:ar23NICE
>>9
なるほど。
日本では出版利権がからんでるとすると、
その利権を害するネットでの情報公開では、さらにアメリカとの差がつきそうだな。

16 :名無しのひみつ:2009/01/01(木) 23:51:21 ID:LvIHedSF
>>9 イギリスではR101墜落事故の事故報告書をそのままペーパーバックで出してた。
それで商売になるのもまた凄いと思った。
日本だと、翻訳出版に絡むコストが、なぁ。

17 :名無しのひみつ:2009/01/01(木) 23:52:53 ID:cGD9y9uC
>>9
そうなのか
でも、読める言語で書かれてもキツそう

55 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 19:12:04 ID:xPzGR2H0
>>9
日本でも飛行機の事故報告書のPDFどっかでただで転がってなかったっけ?

57 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 20:10:27 ID:YeCfU7m4
>>55
運輸安全委員会っつーところのサイトに転がってる。
航空・船舶事故調査委員会のやつね。

でも、今は内部サーバエラーで見れないw
15 :名無しのひみつ:2009/01/01(木) 23:34:51 ID:rnfnzbh3
出版利権(;´Д`)
白書出すのが天下り先なだけだろ。

まぁ確かに公文書館のあり方とかから
情報公開への姿勢のレベルの違いは感じるが。

18 :名無しのひみつ:2009/01/01(木) 23:55:22 ID:rnfnzbh3
商売じゃなく責務なんじゃね。
税金使ったなら顛末を国民に晒すべき。
低価格なのは原価だから。

19 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 00:01:22 ID:uvDLV7Xs
>>18
>税金使ったなら顛末を国民に晒すべき。

日本の科学者に欠けてるのはこれだよな
税金使って仕事してるっていう自覚が足りない


20 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 00:03:15 ID:jGO0BCNN
日本は逆に全然研究に金つぎ込んでないだろ
だから発見はするけど、海外に直ぐ抜かれる

21 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 00:05:36 ID:uvDLV7Xs
全国民にバラまく金、20兆円だっけ?
あれを科研費に突っ込めばいいのにな

技術立国(笑)

22 :!omikuji!dama:2009/01/02(金) 00:06:39 ID:wQ7x2h5p
Columbia Crew Survival Investigation Report (16.2 MB PDF) だろ

販売も何も、この報告書は発表直後から普通にダウンロードできる
もちろんタダだ
> ttp://www.nasa.gov/news/reports/index.html

よく読んでみ

24 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 00:34:32 ID:0eRlaCOH
日本人であると、ヘルメットをかぶっていようが、手袋していようが、
与圧服を完全に着ていようが、後何十秒生きながらえただけであろう
としか考えないけれど、彼らアングロサクソンは徹底的に問題の究明
に取り掛かる。これは日本人も学ばなければならない、さらに隠すので
はなく、問題点を共有するということも学ばなければならない。
なぜWW2に日本が負けたかは、この意識の差がもたらした所も大きいと
私は判断します。

31 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 04:03:13 ID:Ym4DWIxj
>>24
見習うのは簡単じゃないよ。
罪の源泉は誰にあるのか?
って言う考え方の違いがあるから
アメリカだと罪って外から入ってくる
悪魔みたいなもんだし。


51 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 15:32:29 ID:0Uf1iZDP
>31
罪が自分にあるならなかなか自分での追及は難しいもんね

37 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 10:07:32 ID:AriFTfYa
>>24
そのアングロサクソンも、朝鮮やベトナムで負け、
アフガンやイラクでは事態の収集もできずに苦戦中なんだぜ。
しかも原因は相手が物量作戦では押し切れない、ゲリラ戦術を選択してるからだ。
また日本と同様に大本営発表的な情報を垂れ流し続けて国民や兵士を騙してきたが、
ベトナムなどは帰還兵が暴露したし、イラクの時は情報が漏れて大問題になってたな。
所詮はどこも変わらんよ。

ま、戦争と科学は別物なんだから、同列で語る意味は無い。

25 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 01:40:48 ID:tnTrRvTe
日本は臭いものに蓋文化だからな・・・
このあたりで結局差がついてしまう

26 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 02:34:33 ID:++dZisP5

最終事故報告、結論:

「なかったことにしましょう。」

27 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 02:58:24 ID:xpL/Pp11

自分に責任は無い、

どこの役人も同じだなwwwwww

29 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 03:32:33 ID:gtHFXtAs
意識を失いながら命を絶ったのは、せめてもの慰めだな。
まぁそう思いたいのもあるけど。

ディスカバリーチャンネルでこの事故の特集やってたよ。
減速するためにスキーでいうターンをするみたいに滑空するんだってな。

この失敗が二度とおこりませんよーに

51 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 15:32:29 ID:0Uf1iZDP
>>29
やってたな
「この時点でまだ乗務員の意識はあったと考えられています」
 
30 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 04:00:39 ID:Ym4DWIxj
減圧で意識不明?宇宙から帰還するのに
ヘルメット被ってないの?

32 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 06:31:08 ID:KPMUNIAu
314 名前:名無しさん@涙目です。 New! ▽2件 投稿日:2009/01/01(木) 23:25:18.02 ID:kJyZUmHa 1回目
STS-107 コロンビア 大気圏再突入中のフライトデッキ内
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2325386
33 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 06:33:39 ID:KPMUNIAu
コロンビアの発射から爆発までの交信記録
http://www.lizard-tail.com/isana/podcast/comm_check.html

を先に読んでから>>32を見たほうが分かり易いよ。
34 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 06:51:52 ID:croOeQni
打ち上げ失敗で爆発、大気圏突入でも空中分解、合計14人だっけ?
あまりにもお粗末だよなぁ・・・そこらの旅客機より事故率が高いなんて・・・

36 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 07:59:43 ID:YeEHc6r3
>>34
さすがにそこらの旅客機とくらべたらNASAが泣くだろ…

38 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 12:25:11 ID:IA5uFMEP
>>36
スペースシャトルとは言え10年以上前のオンボロだしな
旅客機みたく簡単に新しく出来ない点では、旅客機以下かもね

35 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 06:57:56 ID:EYXnceqF
100回に一回くらい爆発事故起きてるもんな

39 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 12:43:32 ID:uvDLV7Xs
旅客機も相当な年数使い続けるけどな

40 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 13:02:37 ID:u7jfJST1
10年どころか初打ち上げは1981年だしな。

41 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 16:16:11 ID:7WsgCShE
つうか旅客機って乗り物の中でもかなり事故率低い部類だろ

42 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 16:59:25 ID:+d1csQEF
>>41
ただし事故ったら一回の被害がハンパ無いけどな。
市街地に墜落しようもんなら、乗客だけでは済まん。

うちの会社では複数人がヒコーキで移動しなきゃならない場合は
便を分けてリスクを分散している。

43 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 21:09:48 ID:kbA38C3A
じゃあスペースシャトルも二機同時に打ち上げるか

44 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 22:49:57 ID:99O2Na+B
実際打ち上げはしないものの予備の1機を発射台に立てておくと聞いたが。

45 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 05:24:54 ID:zEDLYPQt
通常は無いよ。
今度のハッブル修理ミッションみたいに高い軌道に飛ぶ時に
救出ミッション用の予備機が同時に用意される

46 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 06:00:40 ID:LNXd/bqT
今は通常の高度ならISSへの退避もあり得るんだっけ?
コロンビア号の事故以前は目視や外部カメラでの破損の有無の確認や
EVAでの修理・補修なんかも無かったんだっけ。

47 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 12:37:50 ID:gy/WRqSK
昨日ダウンロードし、今、読んでいるところです。

なんだかんだ言っても、アメリカの底力を感じさせられます。


合掌

48 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 13:05:14 ID:rdvi23J/
ざっと読んでみた
2003年の報告書よりかなり生々しい内容だ(((( ;゚Д゚)))
クルーの体組織片(!)の分析から、火傷の形跡はないが血液が沸騰しており、
死因は酸素の途絶と打撲だとか、
急減圧といいつつも40秒ほどかかった可能性があるとか・・・

>どのような装備を用いたとしても、生存できた可能性は
>なかったと結論付けた。

必ずしもそうだとは言ってないが・・・
ヘルメットのバイザーを下げ、きちんと手袋を着用、
座席への拘束をもっとちゃんとしておいて、さらに
異常を察知すると同時に飛行服の加圧システムを作動させていれば、
暫くは生き延びられる可能性はあったと書いてあるな
しかしこの高度と速度ではその後がもうだめぽ(´・ω・`)
高度と速度がこの1/3だったら、SR-71の空中分解で生還した例も示されているが

49 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 13:28:33 ID:O2wHnCs9
やっぱ情報というものに対する姿勢が違うよなぁ、米は

50 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 14:28:52 ID:o0N+HFUj
結構姿勢を乱して分解したんだな。
054-050-1.jpg 
054-050-2.jpg
054-050-3.jpg
054-050-4.jpg 
52 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 15:49:04 ID:YeCfU7m4
いや、こういう事故報告書は、「責任追求の免除」とバーターで提出させているんだよ。
罪をチャラにしてあげるから、正直に書くの。

もし嘘を書いたら、せっかくチャラにしてもらった罪が、更に重くなって帰ってくるから、嘘や誤魔化しをすると損をするの。

53 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 16:32:54 ID:q/fWZ/gH
それが人情だろう

54 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 18:03:04 ID:o0N+HFUj
破壊付近の機体挙動
http://www.geocities.jp/spaceshuttle20030201/space_shuttle_sts107_ani.gif
054-054.gif 
64 :名無しのひみつ:2009/01/04(日) 13:35:57 ID:x1N/xC04
>>54見てもかなり振られてるから
怖かったろうね。

56 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 19:14:46 ID:BAEFKPpN
日本じゃ、正直に書いたら末代まで非難されるからな。

57 :名無しのひみつ:2009/01/03(土) 20:10:27 ID:YeCfU7m4
>>56
というか、正直に報告書作成に協力すると、それが裁判に使われて不利になってしまう。逆に言えば、裁判に関わる話なので、「黙秘権」が、当然の権利として与えられているわけ。

そんな状態で事故調査するので、事故調査側も、検察や税務署職員みたいな感じで、相手を犯罪者扱いして、如何に罪として裁くかを考えている。
再発防止なんて二の次

そんなこんなで、まともな報告にはならないのよ。

60 :怖ぇぇえええ:2009/01/04(日) 01:08:22 ID:OFOntscI
GMT 13:59:24 「ヒューストンへ、こちらコロンビア、タイヤの空気圧に異常が発生したというメッセージが表示されている」
GMT 13:59:29 シャトルの自動操縦機能が規定限界値を超える。
GMT 13:59:32 「ラジャー(了解)」コロンビアからの最後のメッセージ

GMT 13:59:37 シャトルの異常ピッチ動作が開始
GMT 13:59:46 左のエンジンカバーが剥離
GMT 13:59:52 左のエンジンが剥離
GMT 14:00:02 左翼の一部が剥離
GMT 14:00:11 タンクから燃料漏れ

GMT 14:00:18 シャトルが格納庫ハッチ、乗員モジュール、機体本体の3つに分解
GMT 14:00:25 乗員モジュールが複数個に分解
GMT 14:00:35 乗員モジュールの気圧低下が開始
GMT 14:00:53 乗員モジュール内が外気に露出
GMT 14:00:59 乗員モジュールの気圧低下が完了
GMT 14:01:10 乗員モジュールが更に複数個に破片に分解

GMT 14:35:00 乗員モジュールの全て破片が地上に到達

60 :怖ぇぇえええ:2009/01/04(日) 01:08:22 ID:OFOntscI
GMT 13:59:24 「ヒューストンへ、こちらコロンビア、タイヤの空気圧に異常が発生したというメッセージが表示されている」
GMT 13:59:29 シャトルの自動操縦機能が規定限界値を超える。
GMT 13:59:32 「ラジャー(了解)」コロンビアからの最後のメッセージ

GMT 13:59:37 シャトルの異常ピッチ動作が開始
GMT 13:59:46 左のエンジンカバーが剥離
GMT 13:59:52 左のエンジンが剥離
GMT 14:00:02 左翼の一部が剥離
GMT 14:00:11 タンクから燃料漏れ

GMT 14:00:18 シャトルが格納庫ハッチ、乗員モジュール、機体本体の3つに分解
GMT 14:00:25 乗員モジュールが複数個に分解
GMT 14:00:35 乗員モジュールの気圧低下が開始
GMT 14:00:53 乗員モジュール内が外気に露出
GMT 14:00:59 乗員モジュールの気圧低下が完了
GMT 14:01:10 乗員モジュールが更に複数個に破片に分解

GMT 14:35:00 乗員モジュールの全て破片が地上に到達

61 :名無しのひみつ:2009/01/04(日) 01:28:22 ID:CHwT4/hL
>>60
1~2秒の間に!?

62 :名無しのひみつ:2009/01/04(日) 01:38:53 ID:RAQOYerF
>>61
時:分:秒だろw

63 :名無しのひみつ:2009/01/04(日) 13:26:06 ID:RwQb7ov1
約1分で崩壊か… 耐えたほうかな。


[PR] ホテルリステル猪苗代ウイングタワー&本館 中古パソコンのイオシス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vitaminabcdefg.blog6.fc2.com/tb.php/54-ea1031de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。