ねとねた

気になったネタを2chから紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 :◆NASA.emcN. @びらぼんρ ★:2008/12/28(日) 19:35:56 ID:???
047-001.jpg インド初の月観測衛星「チャンドラヤーン1(Chandrayaan-1)」に搭載されている「月鉱物分布観測装置(Moon Mineralogy Mapper)」(M3)を使った観測調査により、月の「東の海(Orientale Basin)」の地層から鉄の成分を検出することに成功していたことが26日、インド宇宙研究機構(ISRO)の発表により明らかとなった。

M3は「チャンドラヤーン1」の外部観測機器搭載用モジュールの規格に合わせてNASAが開発、運用を行っているもので、月面から発する微細な電磁波(Electromagnetic radiation)をスペクトル分析することによって月の地層の表面から表層にかけての鉱物分布を調査可能な観測機器となる。

月の地質に鉄が含まれていることこれまでの調査からも明らかとなっていたが、M3を使った「東の海」の観測では非常に広範囲から鉄を含む輝石(pyroxene)の存在が確認された模様だ。

2009年打上げ予定のNASAの月観測衛星「ルナ・リコネッサンス・オービター(Lunar Reconnaissance Orbiter)」にはM3と同等の観測機器の他に更に、ロシアが地球上で石油資源調査を行うために開発を行った特殊な鉱物資源探査用の地層断層撮影装置が搭載される予定ともなっており、今後、月の鉱物資源分布調査は大きく進展しそうな勢いだ。

画像はNASAが公開したM3による月の「東の海」の鉱物分布観測図。
NASAでは緑色の部分が輝石など、鉄を含んだ地層部分だと説明している

Technobahn 2008/12/28 17:59
ソース:http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200812281759

【参考】
■NASA
NASA Instrument Inaugurates 3-D Moon Imaging
http://www.nasa.gov/topics/moonmars/features/m3-20081216.html
■JPL Photojournal
http://photojournal.jpl.nasa.gov/jpegMod/PIA11727_modest.jpg
047-002.jpg 
4 :名無しのひみつ:2008/12/28(日) 19:48:06 ID:YJbWHLCJ
しかしそれをどうやって持って帰れるんだ地球に・・諸星君。

7 :名無しのひみつ:2008/12/28(日) 19:54:18 ID:iFxJgzE3
>4

いやそもそも輝石から鉄を取り出すことがあり得ない。

11 :名無しのひみつ:2008/12/28(日) 20:04:43 ID:vLEciMbT
>>4
もって帰る必要ねぇよ
向こうで人間が繁栄するために使えばいい

14 :名無しのひみつ:2008/12/28(日) 20:26:23 ID:BA534feY
中国人とインド人は月でも無尽蔵に増えそうだな

17 :名無しのひみつ:2008/12/28(日) 20:52:39 ID:GVI9l1j4
母さん、あの中国の衛星、どこへ行ったのでしょうね

19 :名無しのひみつ:08/12/28(日) 21:54:35 ID:HgUmklYa
インドの探査機の成果がNASAから発表される現実

20 :名無しのひみつ:2008/12/28(日) 22:49:17 ID:jgHC8JG9
日本とインドの月探査衛星情報は頻繁に入るのだが・・・・
中国の「ジョウガ?」 何処へ?
余りにも中国の月探査衛星の情報が少ない・・・・何で?


30 :名無しのひみつ:2008/12/29(月) 04:38:20 ID:x/yyLdM3
>>20
嫦娥1号、高度100kmの軌道へ
「嫦娥1号」はこれまで高度約200kmの軌道で周回していたが、
12月6日にエンジンを2回点火させ、高度を下げ、高度約100kmの周回軌道に投入された。
http://www.sorae.jp/031007/2728.html

かぐやも似た様な事してて

月周回衛星「かぐや」が定常運用を終了、後期運用を開始
http://www.tsukuba-sci.com/index.php?mode=kijiid&id=1186
定常運用を終了して11月1日から「後期運用」に入った、と宇宙開発委員会に報告した。
 「かぐや」は、来年3月中旬までは現在の高度100kmの円軌道からの観測を続け、
データの高度化、品質向上を図る。それ以降は、高度50kmの円軌道、次いで
高度20?100kmの長円軌道での低高度運用に移り、可能な限り観測を続ける計画という。

23 :名無しのひみつ:2008/12/28(日) 23:24:00 ID:+4fGFaeV
バーカ。岩石質の天体に鉄が無いなんて、絶対に信じられるかーっ。

26 :名無しのひみつ:2008/12/29(月) 00:08:53 ID:+TAK302E
これなら「アルマゲドン2007」が実際に起こっても対策が取れるな。
もっとも、月の方は問題ないけどスペースシャトルの核パルスエンジンは無理か。

28 :名無しのひみつ:2008/12/29(月) 01:26:30 ID:M4vsKMJi
>>26
アルマゲドンよりも、ブリティッシュ作戦が先かと…

33 :26:2008/12/30(火) 01:52:20 ID:kbNkxAKz
>>28
アルマゲドン2007」は、有名な「アルマゲドン」とは違う映画。

― ストーリー ―
太陽系を漂う小惑星が月に激突。隕石が地球に降り注ぎ、深刻な被害が発生した。
激突により月面に巨大な亀裂が走り、月の破片が地球の重力に引き寄せられ殺到する。
月の崩壊を阻止しなければ、地球は生物の棲めない死の惑星と化す。
破滅を回避する方法はただ一つ。
電磁波を発生させる特殊爆弾を月の亀裂で爆発させ、強大な磁気で月を”溶接”するしかない。
猛烈なハリケーンの中、スペースシャトルは決死の打ち上げを敢行。
男たちは限りなく不可能なミッションに挑むが……。


で、この映画の重要なポイントがこのスレ>>1に関係があるというわけ。

27 :名無しのひみつ:2008/12/29(月) 00:29:20 ID:SwSFzn1E
そういやかぐやの資源観測装置壊れてたんだったよね

32 :名無しのひみつ:2008/12/29(月) 05:19:31 ID:x/yyLdM3
>>27
全てが壊れたわけじゃないけどね。

・元素分布
蛍光X線分光計(XRS)
初期チェックアウトにおいて、4枚のCCDを用いた観測時に計測ノイズが増加することが判明した。
地上での再現試験結果等に より、X線CCDの放射線ダメージにより、X線強度の高く観測されるケースが多く検出されたものと推定した。
加えて、定常 運用期間中太陽活動レベルの低い状態が継続し、必要なX線強度のデータが取得できなかった。
このため、後期運用において も観測を継続し、所期データの取得を試みる。

ガンマ線分光計(CRS)
平成20年2月から観測データに異常が見られた不具合は、データ解析の結果、極低温となる高圧印加部位にコンタミが付着し、 微小なリーク電流が生じたことで検出器出力信号にノイズが乗ったことが原因と推定した。調査過程で不具合は解消し、運 用を再開した。
観測データが異常となる事象による観測を中断した約4ヶ月を除き、定常運用期間を通して観測データを取得 した。欠測期間を補完するため、後期運用で観測を継続する予定である。
----------------------------------------

・鉱物分布
マルチバンドイメージャ(MI)
定常運用期間を通して計画どおり観測データを取得することができた。後期運用で追加観測を行う。

スペクトルプロファイラ(SP)
定常運用期間を通して計画どおり観測データを取得することができた。後期運用で追加観測を行う。
----------------------------------------
http://www.jaxa.jp/press/2008/11/20081105_sac_kaguya.pdf

【宇宙】月観測衛星「チャンドラヤーン1」、月の地層から鉄の成分検出に成功


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[PR] ホテルリステル猪苗代ウイングタワー&本館 中古パソコンのイオシス
コメント
この記事へのコメント
「コンタミが付着し」は文法がおかしい。
2009/01/02(金) 23:47 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vitaminabcdefg.blog6.fc2.com/tb.php/47-fc44fbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。