ねとねた

気になったネタを2chから紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトランティス / 失われた帝国 [DVD] 1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:30:39.44 ID:wHDkAQl/0
何か質問ある?



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:32:17.78 ID:ELvl8QP10
どうやって詳しくなったの?

何の文献がお薦め?



神々の指紋〈上〉 4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:33:23.37 ID:wHDkAQl/0
>>2
アトランティス関係の本を読みまくったから、
最初は神々の指紋くらいからがお勧め



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:32:46.71 ID:xL5EAL0DO
アトランティスの起源は韓国って本当?



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:35:47.38 ID:wHDkAQl/0
>>3

NO、韓国は一切関係ない



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:34:16.34 ID:81/HYO/s0
モスマンとネッシーは?



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:35:47.38 ID:wHDkAQl/0
>>5
好きだけど詳しくない、ネッシーは捏造



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:36:02.51 ID:zA3C5cG30
ルルイエは?



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:40:29.61 ID:wHDkAQl/0
>>7
クトゥルフ神話なんか架空の神話より、ギリシャ、ケルト神話の方が面白い



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:45:40.29 ID:Zlkf6nY70
>>11
架空の神話とギリシャ神話やケルト神話との違いを詳しく



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:49:56.80 ID:wHDkAQl/0
>>11
クトゥルフ神話は人間が作った神話、後者は実在の話を神話にしてる



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:37:50.04 ID:YRY3j7n0O
ポカホンタスとアトランティスはなにか関係があるのかしら?



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:40:29.61 ID:wHDkAQl/0
>>8
ポカホンタスは新大陸再発見後だしアトランティスとは何も関係ない



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:37:52.10 ID:RmZVo3Dd0
その3つの大陸は実在するの?



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:38:17.54 ID:ELvl8QP10
>>9

しない、海底探査の結果否定された。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:45:38.17 ID:wHDkAQl/0
>>10
一部は、海底にあるけど(与那国、台湾沖等) それは、帝国(ムー)のほんの一部で
アトランティスは南極大陸、ムーは太平洋の島々(南西諸島)だよ



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:40:29.61 ID:wHDkAQl/0
>>9
実在してた(過去形)  レムリアは、マダガスカルって言われてて
ヨーロッパ人の妄想の大陸



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:41:05.92 ID:1u2CfCBXO
アトランティスって結局なんなのか解説をお願いします。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:45:38.17 ID:wHDkAQl/0
>>12
アトランティスは、今の南極大陸にあった文明で、ポールシフト(極移動)で
極地に移動してしまって文明が崩壊した(大洪水伝説)だから大陸は沈んでいない
南極大陸はジブラタル海峡の向こうにあるって伝説と符号する。

で、エジプト、マヤ文明はアトランティスの植民地だった為、高度な文明がある



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:44:10.72 ID:ELvl8QP10
>>12

ギリシャの哲学者の妄想を、石版に書いておいた物。

世界初のラノベの草稿。



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:47:40.22 ID:wHDkAQl/0
>>14
妄想じゃねえよバカ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:44:09.82 ID:Rzm6cbQ7O
真ん中に火山がある島って聞いたけど



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:47:40.22 ID:wHDkAQl/0
>>13
アトランティスの首都ポセイドニアは、火山のふもとにあったみたいだね
でも火山の爆発と、海に沈んだのは関係ない
火山の爆発だと、ポンペイみたいな局地的な町単位の崩壊で終わるから



18 :屑野郎 ◆5vKUZU3O.Y 投稿日:2009/03/01(日) 12:45:48.71 ID:qJRIYpOY0
>1
貴様もあの崩壊の生き残りか!?



まさか・・・能力者スレではないのか?



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:49:56.80 ID:wHDkAQl/0
>>18
アトランティス人です、なんちって



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:46:25.85 ID:+GwQmqK8O
アトランティスってプラトンの作り話なの?



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:49:56.80 ID:wHDkAQl/0
>>19
作り話じゃないよ、本当の話、
年代は1万2000年前



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:47:15.84 ID:HzcbVwPb0
伝説として研究しているではなく、実在していたと考えているでおk?



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:49:56.80 ID:wHDkAQl/0
>>20
うんうん、もちろん実在してたよ



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:48:34.37 ID:18OQlOI+O
俺なんてムー大陸探検したからな、ガイア幻想記

おまえらみたいなにわかとは格が違うわ



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:52:08.63 ID:wHDkAQl/0
>>22
見つかったか~?



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:49:01.00 ID:QYpTdZ+8O
南極の氷の下に遺跡があるって聞いたけどマジ?なんか関係あんの?



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:52:08.63 ID:wHDkAQl/0
>>23
地球上で海底以外で調査(衛星写真などで)が出来てないのは南極だけだから
厚い下に遺跡がある。

南極が氷に覆われる前の海岸線はピリレイスの有名な
地図ではっきりと描かれている



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:50:10.20 ID:esvy6kBEO
レムリアアイランドレコード



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:58:08.76 ID:wHDkAQl/0
>>25
アカシックレコードでググれ



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:52:49.13 ID:HzcbVwPb0
与那国の海底遺跡について意見を聞きたい。
あれは確かに自然物にしては人工物っぽいけど、人工物にしては
あまりにも不自然なように思えてならないんだ。全体の構造が
人が使ったり行き来したりするための形状をしていないというか乱雑すぎるというか。
>>1はやっぱり何かしらの人工物、遺跡だと考えてるの?
そうだった場合、あれは何?神殿?



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 12:58:08.76 ID:wHDkAQl/0
>>27
与那国の海底遺跡は、ムー文明の遺跡だろうね
与那国、台湾周辺は地方都市で、中心地はポリネシアかフィリピンの方

与那国の遺跡はエジプトのピラミッドみたいな大規模なものじゃないから
ここに人が住んでましたよくらいの発見しかないと思う。
犬走りやなんかもあるから建物には間違いないでしょう
神殿か墓と人の住んだ形跡があるくらいじゃないかなあ



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:01:31.65 ID:wHDkAQl/0
>>27
与那国の遺跡は大陸が沈んだのではなく
海面が上昇して沈んでる、 日本が大陸と陸続きで日本海は大きな湖だった頃は
今よりかなり海面が低かったから、海面上昇によって沈んだ遺跡はいっぱいある
現代においても、アムステルダム、ヴェネチアなんかはそのうち海に沈むでしょう



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:05:05.75 ID:HzcbVwPb0
なるほど。まあ与那国のは自然にああいうのができるとも思うけど
何かしら人為的なものがあったという考えは面白いと思う。
ローマ時代だけどアレキサンドリアなんか海底遺跡は有名だよね。

しかしピリレイスの地図なんだけど、あれは俺は完全な眉唾物と考えているんだ。
どう見てもスペースが足りなかったから南米大陸をぐにゃりと曲げて書いたようにしか見えん。
海岸の形が南極大陸の陸地の形状よりも、南米大陸南端側の形状にこそ似ているし。
それに、陸地が出ている時代はつまり今現在の南極の氷が溶けているということで
海水面も随分上昇していたはず。それを考えるとピリレイスの地図が示す南極大陸の形状は
逆におかしいのではないかと思うんだけど、そこはどう?



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:12:16.81 ID:wHDkAQl/0
>>30
ピリレイスの地図はピリレイスが作ったんではなくて
古代からの複写、複写で現代においてはピリレイスのが一番有名
たぶん、アレクサンドリア大図書館にあった文献が、オスマントルコの方に流れたんだと思う。

地球はポールシフトで極地移動しただけだから、総体的な氷の量はそんなに変わってないと思う。
古代は、アメリカ大陸の五大湖のあたりが極地で氷に覆われていたから
その時に、南極の地図を書いてんでしょう
あれ、ちょっと主旨ずれたかも、これでいいかな?

地図を最初に描いたのはフェニキア人かカルタゴ人の祖先か、アトランティ人かなたぶん



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:20:34.98 ID:HzcbVwPb0
>>35
あ、うん、複写はわかる。要するにピリレイスさんが昔から伝わる南極の形を
自分の地図に書き入れたってことだよね?
なるほど氷については極地移動でで説明できるかもしれない。
南極とされる所に動物が描かれているのもそれでいい。
しかしそれほどのポールシフトを引き起こした要因は何だと考える?
また、それほどのポールシフトが生じた場合近くも生物も壊滅的打撃を受けるのでは?

あと、ピリレイスの地図にあるのが南極とした場合、南米大陸が明らかに寸詰まりなのは何故だと思う?
どう見てもブラジルあたりの海岸線しか無くて、その下にいきなり南極大陸というのは
ピリレイスの時代の地理的知識からしても不自然に思えるんだ。



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:27:31.44 ID:wHDkAQl/0
>>40
伝わってよかった、ふ~
ポールシフトの要因は実はよく分からないけど
地球の自転、自分で回転する力になんか不具合が生じて
自転が飛んじゃって、一時期早くなったか遅くなったかしたんだと思う
(ここらへんは全然詳しくない・・ごめん)

もう一つの質問は、大陸は元は一つの巨大大陸パンゲアだったってことは知ってるね?
ユーラシアからアメリカ大陸が離れていった、そのまだ今よりだいぶ初期段階で
地図は書かれてる、だから南米から南極への道ももっと広かった(マゼラン海峡)



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:35:33.65 ID:HzcbVwPb0
>>43
ポールシフトってすさまじいエネルギーが必要で、
例えばジャイアント・インパクト説っていう月の形成に関する説では
原始の地球に火星程度の大きさの小惑星が衝突し、
それで現在の自転速度、傾斜角23.4度になったとされる。
それくらいの天変地異が必要なわけで、やっぱり疑問なんだ。

あ、ピリレイスの地図は全てが古代の情報を書き写したものなの?
俺は、大航海時代の情報に古代からの情報を書き加えたものと理解してた。。
あと、パンゲア時代は南米・アフリカの南端に南極大陸がくっついてたから
マゼラン海峡は逆に昔ほど今より狭かったはずでは?



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:36:08.73 ID:wHDkAQl/0
>>40
あなたのアトランティス、ムーの見解を聞かせて下さい。



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:41:32.13 ID:HzcbVwPb0
>>48
俺は否定派なんだけど、別に肯定派の>>1にけんかを売りたいとかじゃないんだ。
不快だったらごめんね。
ただ、アトランティスやムーが存在したという地理的な証拠が無いと俺は思う。
太平洋なんか海底は結構平野が広がってて、大陸や島の痕跡が見えない。
また、ポールシフトとかもやっぱり俺には疑問なんだな。
もっとも、それらの伝説の元となった民族なり文化なりは何かしらあったと思う。
それが拡大解釈されすぎて大陸国家なんかが生まれたのかな?と。



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:52:39.19 ID:wHDkAQl/0
>>52
太平洋に大きな大陸はなかったよ
ただ、日本は朝鮮半島と陸続きだったくらい海面が低かったから
太平洋で沈んだ島々は山のようにあるけど?

ポールシフトは、懐疑的でもいいと思います

大陸 アトランティス 南極大陸

太平洋の島々 ムー 大陸ではない  です。



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:06:03.87 ID:vK+G7fgQO
レムリア大陸ってなに?



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:15:56.52 ID:wHDkAQl/0
>>32
レムリア大陸は、ヨーロッパ人がまだ、インドへの道を模索してるときの
インドの隣のマダガスカルの模様を面白おかしく紹介したマダガスカル島を基にした架空の大陸で
スレタイの大陸で唯一実在しない島



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:08:18.63 ID:XosPr1u2O
ムー大陸について従業でよろ



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:15:56.52 ID:wHDkAQl/0
>>33
僕の考えってこと?
ムー大陸(文明)は、海面上昇以前の、太平洋に散らばっていた
大陸とは言えない島々のことだよ

太平洋にあった大きな大陸って見解は間違い。
沖縄本島くらいの島々が海面上昇でいっぱい沈んだってこと



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:13:56.42 ID:N70Iv0yQO
デアゴスティーニの新しいあの世界の不思議?ってやつは190円なら買い?



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:18:00.00 ID:wHDkAQl/0
>>36
分かんないけど、買えば~w



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:16:24.17 ID:4AjEX1AhO
レムリアって猿狐だっけ



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:18:00.00 ID:wHDkAQl/0
>>38
まあ、そんな感じ あと3つ目の人間とか、3本足の人間とか



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:20:55.99 ID:yJyNo7OqO
ムーとマチュピチュはどっちが強いの?



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:27:31.44 ID:wHDkAQl/0
>>41
ムー、 

マチュピチュは、インカやマヤやアステカのただ小都市、平家(王族)の落ちのびた村みたいなもんだよ



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:23:13.96 ID:TPIr2DitO
ニライカナイは?



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:29:48.27 ID:wHDkAQl/0
>>42
琉球の古い神話、ヨーロッパで言うところのエデンの園みたいなもん、ムーのことを言ってるのかもしれないが。。
シャンバラ伝説みたいなノリ



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:30:29.13 ID:Suxw4JWsO
やっぱり異魔神は強かったの?



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:33:45.75 ID:wHDkAQl/0
>>45
つおかった(知らんけど)



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:38:12.55 ID:HzcbVwPb0
あんまりピリレイスばかりの質問もなんなので

>>37にある>>1の見解、ムー大陸ではなくムー諸島とでもいうべきなのは面白いね。
ハワイあたりがムーの沈みきらなかった島だったりする可能性はある?



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:47:12.17 ID:wHDkAQl/0
>>49
ありがとう^^

ハワイの件はあるよ、ただ、ハワイにはあまり高度な文明はなかったみたい
遺跡がないから



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:39:23.68 ID:yJyNo7OqO
スレタイの3つで、題材にした作品が存在しないのは?



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:47:12.17 ID:wHDkAQl/0
>>50
前者二つを取り扱った作品は、いっぱいあるよね?
レムリアは題材にしてもつまんないからかなw



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:40:38.01 ID:727A93XSO
ムー大陸=超能力まみれってイメージなんだが

ムー大陸にはどんな文化があったかわかる?



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:52:39.19 ID:wHDkAQl/0
>>51
ムーはアトランティスよりも精神文明だったと思うけど
それは超能力じゃなくて宗教的に高尚だったってこと
ムーの文明の遺産はインドのナ・カール文書に詳しく記載してます
科学文明(物質文明)も相当高度だったと言える



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:49:12.74 ID:oduIwmlb0
月刊ムーは廃刊にならない?大丈夫?



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:56:16.81 ID:wHDkAQl/0
>>55
愛読者ですw ならないように祈ってますw



57 : ◆SEX////3Ro 投稿日:2009/03/01(日) 13:52:41.00 ID:/TpZ6UTY0
オリハルコンは真鍮だったと漫画で読んだ



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:56:16.81 ID:wHDkAQl/0
>>57
オリハルコンと日本のヒヒイロカネは同一とされる物で、真鍮か青銅かな
日本刀やダマスカスソードのような、失われたロストテクノロジーの未知の物質の可能性もある。



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:43:55.80 ID:wHDkAQl/0
大航海時代黎明期の地図は、ヨーロッパ、アフリカの一部しか分かってなかったから
ほとんど古代の地図から写してます、フェニキア人、カルタゴ人の方が海の知識が豊富だったから
コロンブス以前より、フェニキア人、カルタゴ人の方が遠くまで航海(アメリカ、南米、アフリカ最南端)までしてたよ
コロンブスが西に向かったのも古代地図を確実に理解してアメリカ大陸に向かってる

マゼラン海峡が狭いというよりも、マゼラン海峡より手前(東に)南極はあった。
205-053.gif 


よってマゼラン海峡を超える必要はなかったんだよ



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:54:42.61 ID:HzcbVwPb0
ピリレイスは大航海時代黎明期とはいえないかな。
もちろん、様々な方面から知識を仕入れてはいるだろうけど
すでにアメリゴやコロンブスの探検の後で、アメリカ大陸については結構なことが
わかってきている時代の人だよ。

>コロンブスが西に向かったのも古代地図を確実に理解してアメリカ大陸に向かってる

一般的な学説、学校で習う話では、コロンブスはインドへのショートカットを求めて
同時代の地理学者トスカネリの地球球体説を信じて西へむかったとされるよね。
でも>>1は最初からアメリカ大陸を目指していたという解釈?

>>53
そもそも太平洋のどのあたりに位置していたの?ハワイ周辺?東南アジアの方?



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:00:46.72 ID:wHDkAQl/0
>>59
レイスが地図を作ったのはその年代、複写を繰り返して洗練されていったのが黎明期かなたぶん

コロンブスは、パトロンがどうせ納得(理解できない)しないから
西回りでインドに行けますよってプレゼンしただけであtって
アメリカを目指してたものと思われる、アメリカ先住民にインディアンって名づけたのも
パトロンや世間を納得させるためかな。本当にインドと思ってしまったのかもしれない
しかし、ヴァイキングもグリーンランド経由でアメリカまで到達してるから
インドと思うのは無理があると思うけど



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:04:17.64 ID:HzcbVwPb0
なるほど!コロンブス自身は新大陸へ行きたかったけど
スポンサーを騙すためにインドへ行くと言ったか。案外そうかも知れないな。
俺も、新大陸自体はバイキングなんかを通じて存在はかすかに知られていたとは思ってる。
だから、コロンブスが実はそういう目的だったという>>1の考えはすごく面白いと思う。



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:10:09.83 ID:wHDkAQl/0
>>66
しかし、何故、大航海時代以前の地図には、西の海はこの世の果てとして
怪物なんかを描き、西の大陸への進出を阻んだのかが疑問に残る
いく必要、意味がなかったからかなあ?

フェニキア人なんかが新大陸に進出しなかったのは何故だろう?



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:13:59.42 ID:HzcbVwPb0
>>68
それはさほど疑問でもないと思う。
昔は外洋での航海ってのは陸が見える範囲でやるべきものであって
遠洋航海ってのは遭難、反乱、海賊なんかの恐れがあるすっげえ危険なものだったわけだよ。
だから当然、遠くに行く船ほど生還しにくい→遠くにはなんか怪物いるんじゃね?って発想に
なったんじゃないかな。

俺自身はフェニキア人は新大陸知らなかったと思うけど、
フェニキア人はそこまでの遠洋航海の技術が無かったのと、
貿易民族だから、自分たちだけ遠くに行っても貿易大変だからメリットなかったんじゃないか?



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:20:37.67 ID:wHDkAQl/0
>>71
うんうん、なるほど貿易相手がいなかったもんね
しかし、海洋民族フェニキア人の航海術はたぶん大航海時代以前のどの国よりも高かったと思うよ
新大陸にも簡単に到達できるほど、しかし新大陸に行くメリットはなかったんだねきっと。

フェニキア人の都市
205-075.gif 



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:24:37.47 ID:HzcbVwPb0
>>75
もちろん、フェニキア人の航海技術はとってもとっても高い。
けどそれは地中海内、いわば彼らの庭での話であって、外洋となると別問題になるんだ。
内海の航海と外海の航海は全く別物なんだそうだよ。
だからフェニキア人はもちろん、他のヨーロッパ民族も大西洋へはあまり出て行けなかったのだけど
羅針盤が登場したことで外洋航海が可能になって、大航海時代が花開いたわけだ。



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:28:21.40 ID:wHDkAQl/0
>>78
やっぱそうなのかなあ、ヴァイキングが行けたんだったら、フェニキア人も新大陸に行ってると思うけどな
まあ、ヴァイキングはアイスランド、グリーンランド経由したから行けたのかもしれないけど

話し飛ぶけど
大航海時代のヨーロッパの船より、鄭和船団の船の方が大きくて外洋向きだったみたいだね



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:32:41.46 ID:HzcbVwPb0
>>80
ヴァイキングとフェニキア人は、どちらの航海技術が優れていたかじゃなくて
専門の違いと思った方がいいんじゃないかな。

そろそろ出かけるので落ちる。
質問につきあってくれてありがとうねー



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:37:38.76 ID:wHDkAQl/0
>>82
いってらっしゃい こちらこそありがとう☆



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:56:38.04 ID:428q4qDDO
パンゲアについて何かありますか



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:06:23.50 ID:wHDkAQl/0
>>61
何もないけど、太古の地球の大陸は一つの大陸だったって話



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 13:59:45.70 ID:UeL26++Q0
人類に文明をもたらした存在って結局なんだったと思う?



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:06:23.50 ID:wHDkAQl/0
>>62
人間自ら

今の文明だってたかだか5000年で作り上げたんだから
超古代の人だって5000年あれば今くらいの文明が作れる

原人があらわれたのが100万年前として、
人類は1万年単位の文明の興隆を何度も何度も繰り返してる



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:02:27.38 ID:zarNG4JH0
ムーwwwwwwwwwww
おま、釣りのおっさんが適当吹かしたもんを信じるなよwwww



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:10:09.83 ID:wHDkAQl/0
>>65
ムー大陸は釣りだけど、ムー文明は釣りじゃないよ



イリヤッド~入矢堂見聞録~ 15 (15) (ビッグコミックス) 70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:13:46.77 ID:pyqTLzpxO
イリヤッドについて一言



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:20:37.67 ID:wHDkAQl/0
>>70
あ~あれ、途中までしか読んでないや、なかなか面白い見解なんじゃない (鼻くそほじりながら
引っ張りすぎだよあのマンガ



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:15:37.57 ID:zarNG4JH0
ムー大陸がないのに何でムー文明があるんだよwwwww
おかしいだろwwwwwww



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:24:15.14 ID:wHDkAQl/0
>>72
文明作るのに大きな大陸はいらないよ
日本だって島国だし



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:16:18.74 ID:UeL26++Q0
ギザの3大ピラミッドはいつ頃どうやって作られたと思う?



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:24:15.14 ID:wHDkAQl/0
>>73
1万2000前に、アトランティス人が伝えた英知によって建設された
最初に作ったピラミッドが一番技術力が高くて、時代が進むほど粗い作りになっていった。



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:31:40.67 ID:zarNG4JH0
>>77
はいダウト。ムーは「大陸の名前」なのだよ。
ムーって言葉がどうやって生まれたか分かってる?



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:37:38.76 ID:wHDkAQl/0
>>81
チャーチワードが勝手に名付けただけ、
ムー大陸なんかあるとは思っていない。
ただ、スレタイの並びに入れただけだよ、太平洋の文明をまとめて
ムー文明って呼んでる、他にいい呼称があればどうぞ^



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:44:17.92 ID:zarNG4JH0
>>84
おまwwwww 驚くほど全然詳しくねえwwwwwwww
ムーはマヤアルファベットという「間違いが判明している」翻訳法で
生まれた言葉で、作ったのは神父だwwww
太平洋大西洋を分けたのも全然別の人だし、
どっからつっこんでいいのかわからんwwwwww



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:51:59.67 ID:wHDkAQl/0
>>89
あっそ (鼻くそ
ムーはチャーチワードのおっさんがインドの高僧に見せてもらった石版に
独自の見解を入れててきとーに翻訳したものだよ
ラーマーヤナの神話はどうなんだろうね? 逆に質問したいわ

アトランティックオーシャン(大西洋)はアトランティスから名前取ってるよ



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:58:42.11 ID:zarNG4JH0
>>92
もうやめとけ、見てるこっちが恥ずかしい…
チャーチワードはムーはアトランティスとは別だと主張した人。
アメリカで釣りのガイドブック書いてたりと経歴に信憑性がないことで有名。
そもそも古代文明のはしり、アトランティスに超文明があったなんてのは、
霊視(笑)で見てきた人の言葉なんだよ…



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:04:19.71 ID:wHDkAQl/0
>>102
アトランティスとムーが同じ文明なんか僕は一言も書いてないけど?
アトランティスはプラトンが書いてるけど? まさか霊視した方の話しか知らないの? ぷっ


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:06:19.03 ID:wHDkAQl/0
>>102
霊視の話なんて、僕信じてないから、その話しなくていいよ
大西洋にアトランティスあるわけないじゃん
あくまでプラトンの記述の話



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:00:55.28 ID:lxl3UboMO
>>92
残念ながらそんな石板は存在しません
石板もチャーチワードの作り話ですが




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:04:19.71 ID:wHDkAQl/0
>>103
なんだってー!! (棒読み



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:08:54.17 ID:zarNG4JH0
>>105
プラトンはー、超文明なんて一言も書いてないのー
それは後のオカルティストたちが膨らませてった結果なのー
アトランティスの記述自体そんな書いてないのー
大体プラトンの記述は創作なのー



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:15:26.23 ID:wHDkAQl/0
>>110
書いてるよ、あなたがそう思うのならしかたない、そう思ってればいいよ



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:28:23.11 ID:zarNG4JH0
>>113
どwwwwwこwwwwにwwwww
オリハルコンなんて床に敷かれてんぞwwwwwww



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:32:33.98 ID:wHDkAQl/0
>>113
うわーー楽しそうだね~いいな~
オリハルコン床に敷かれてる話教えてよ~~~



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:25:12.13 ID:0fb71xaB0
アトランティスは地上で最も高度な文明だったとか、そんな話をよく聞くけど
実際どれほどのものだったの?漠然とした質問内容でスマンが。



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:34:52.18 ID:wHDkAQl/0
>>79
エジプトもマヤもアトランティス帝国の植民地だから、まずそれらの建造物を作れるくらいの技術力
それと、今に匹敵、それ以上かもしれない天文学、完成された暦、今より優れていた宗教観。多民族国家。
世界を支配できる強力な軍隊、海軍力。
石の建造物作るならピカイチで、今の文明でも適わないかな。
しかし産業革命みたいなものは興らなかったと考えれる。



クロノ・トリガー 特典 サウンドトラックCD付き 86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:40:41.66 ID:UeL26++Q0
クロノトリガーやった?



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:42:22.22 ID:wHDkAQl/0
>>86
15年くらい前一回だけやったから全然覚えていない
何かアトランティスと関係あったっけ?



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:56:28.78 ID:UeL26++Q0
>>87
直接関係はないけど古代文明が出てくるから
当時あの空気感に古代へのロマンみたいなものを強く掻き立てられた

>>1がアトランティスだとかに興味を持ったきっかけはなんだった?



ふしぎの海のナディア VOL.01 [DVD]105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:04:19.71 ID:wHDkAQl/0
>>99
ふしぎの海のナディア~



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:43:53.04 ID:8y9IV1Bd0
アトランティスは地球には無いよ
南極から別の星に移動してったからね



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:51:59.67 ID:wHDkAQl/0
>>88
遺跡はあるよ、人間はいない(死んだり他の土地に移住したから)
宇宙には移動してないよ



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:55:15.50 ID:o+6xr8pC0
>>92
ラーマーヤナってそこまで詳しく知らんがにおわすような記述あったっけ?



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:50:44.23 ID:o+6xr8pC0
聞こうと思ってたことが案の定>>60で出てたw
おれ、結構怪しい方面も読んでるからおかしな事言ったらゴメンねw
オリハルコンってムーとアトランティスのどっちだっけ? 両方?



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:53:55.17 ID:wHDkAQl/0
>>90
オリハルコンはアトランティスだよ~~
真鍮、青銅、アルミのどれかだろうね、未知の物質の方が面白けど



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:53:47.92 ID:iBD6uvEkO
アトランティスは四国



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:56:48.82 ID:wHDkAQl/0
>>93
剣山はピラミッド



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:53:54.21 ID:F0udEsWLO
こういうトンデモスレ立てて恥ずかしくなったりしない?



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:56:48.82 ID:wHDkAQl/0
>>94
このテーマをとんでもに入れる方がトンデモだよ



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:54:39.23 ID:Yx9Ug5iq0
うちの娘が毎朝布団に大陸描くんだけど・・・



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:01:09.08 ID:wHDkAQl/0
>>96
おしっこかよ!!



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:55:41.34 ID:FGmBbkU20
イースター島のロンゴロンゴだっけ?
あの解読不明の文章はムー文明となにか関係があるとか
ロマンチックな話はないの?



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:01:09.08 ID:wHDkAQl/0
>>98
ムー文明の名残って思いたいけど
あの島は独自の文化でモアイを作ったみたい
モアイしか残してないからねえ遺跡は、



アトランチスの謎 101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 14:58:32.81 ID:0B+kDQfZO
もちろんアトランチスの謎はやったんだよな?



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:04:19.71 ID:wHDkAQl/0
>>101
やってない、その頃興味なかった~



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:04:27.85 ID:RCq4KJPH0
アトランティスって人どのくらいいたの?



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:10:55.45 ID:wHDkAQl/0
>>106
約2400万人 首都は100万人くらい



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:05:51.14 ID:o+6xr8pC0
戦前くらいまでヒヒイロカネが実在して立って話があるんだけど、どう思う? マユツバ的に思う?
あ、実際は錆びてたらしいけどねw まぁすぐに元に戻ったって話だけどw



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:10:55.45 ID:wHDkAQl/0
>>107
たぶん、あったとしても真鍮か青銅で作った宝剣(祭祀に使うための)で、飾って拝んでただけでしょう



109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:06:38.26 ID:9Z9SW44+0
グーグルアースに写ってるあれは?



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:12:52.21 ID:wHDkAQl/0
>>109
あれ関係ない、衛星写真をコンピュータで解析して地図作ったときの

コピペ
あくまで情報収集プロセスの痕跡です。(GoogleマップおよびGoogle Earthの)海底地形データは、
ソナーを使ってボートから収集しています。今回のマップのラインは、そのデータを集める際に、
ボートの進路を反映した筋道が残ったと思われます。

です。



「Google Earthでアトランティス大陸発見」報道、Googleが否定 - ITmedia News



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:19:51.79 ID:o+6xr8pC0
ムーとアトラ(ryって大きな単位で、だいたい同時期?



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:24:02.14 ID:wHDkAQl/0
>>114
アトランティスが1万2000年前で

ムーが7万年前って言われてる、同時期の国家同士確執などの描写がないことから
アトランティス文明が興ったときにはムーは滅びてたものと思われる

しかし、同時期に繁栄してたとしても、争うこともなく交易などしてたことでしょう~~



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:25:40.68 ID:c/yXWBGLO
MMRについて一言



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:32:33.98 ID:wHDkAQl/0
>>116
ああああ~、あれ全巻持ってる、ガスチェンバー説はでたらめだね



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:26:20.20 ID:MQd6tFay0
バミューダトライアングルについてひとこと



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:32:33.98 ID:wHDkAQl/0
>>117
サルガッソー海は、本当に航海の難所だけど
飛行機の事故は世界各地で起きてて、そこだけ事故が多いってのは嘘



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:29:55.26 ID:ymIp4aybO
今度行くから観光名所教えて



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:34:15.11 ID:wHDkAQl/0
>>119
首都のポセイドニアの同心円状運河



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:36:52.64 ID:o+6xr8pC0
マジで? 7万年前か・・・知らんかった・・・
たしかオリハルコン床って、ジパング的な屋根とか全部光っててって話だったな
シュメールについて詳しいサイトとか知ってたら、教えてもらえないか?



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:39:41.45 ID:wHDkAQl/0
>>122
オリハルコンのその話聞いたことな~い、勉強しておきます。
ヨーロッパ人はすぐ黄金伝説と結びつけるからねえ

シュメールは、ほとんど本で読んだ知識だから、ネットでは調べたことないね
どうせwikiに載ってるような決まった文章しか出てこないし。



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:50:53.61 ID:o+6xr8pC0
そうか、ありがとう。本で読むと眠くなるとか・・・俺、終わってるwww ・・・つか、人少ねぇw
そういえば、>>47でポールシフト話が出たが、火星レベルの星がぶつかったとか
ある程度認められてるって言うか、地位的なものがある話?
しばらく前から興味あったりしたんだが、完全にオカルト扱いだったからさw



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 15:57:10.73 ID:wHDkAQl/0
>>125
人少ないねw

ポールシフトは明確な見解はないけど、凍結した前の南極大陸の海岸線がはっきり描かれてるのと、
今、砂漠化してる所は極地移動前は、温帯低気圧で緑地だったって言われている。

ここからは、ちょっとトンデモだけど、ポールシフトで重力が変わるとして
地球誕生以来何回かのポールシフトで重力が重くなったんだったとしたら
巨大恐竜が動けたてのとか、重力が少し軽い時代にピラミッド作ったんだったとしたら納得できる。



130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:15:35.55 ID:o+6xr8pC0
>>126
月が少しずつ離れてることから考えても、重力変動も十分考えられるな。そっち方向詳しくないけどw
猿と人間をつなぐ骨が無いことについてどう思う? スレチでゴメンね



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:22:43.47 ID:wHDkAQl/0
>>130
月って離れていってるんだ~知らなかったです。
その辺は、スレ違いでもないし好きだからいいよん

ミッシングリンクについては、よく分からないけど
宇宙人の仕業ではないとしたら、突然変異か、
キリスト教あたりの学会が猿から進化したことを認めないってことで隠してるのかなって思ってたけど
北京原人、ジャワ原人あたりが、猿と人間を繋いでるんじゃないのかな?
猿っていっても日本猿見たいのじゃなくてあくまで類人猿だけどね

この辺は、あまり詳しくないよ~~w



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:32:37.12 ID:o+6xr8pC0
>>132
たしかに陰謀説もありだな。キリスト教は絶対的に認めてないからなぁ・・・
ちなみに俺はマクロス的な宇宙人説が好きだけど オカルトでゴメンね
でも俺に言わせると宇宙人はいないって言ってるヤツがオカルト。自分の存在否定してんのと同義
問題は地球に来れるかどうかだがw



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:36:38.40 ID:wHDkAQl/0
>>135
僕はナディアみたいなアトランティス人が人間作った説でもいいんだけどね
しかし、宇宙人の力借りなくても人類の力だけで、ピラミッドやその他の超古代文明を築けるよ
忘れてしまった、ロストテクノロジーがいっぱいあって、学者が認めてないだけ。



131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:22:31.14 ID:5V5LIX1xO
>>130
骨砕いて埋葬する文化でもあったんじゃない?
ゾウさんもお墓つくったりするし



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:30:45.18 ID:wHDkAQl/0
>>131
なるなる



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:32:37.12 ID:o+6xr8pC0
>>131
ぅわお!!!! それメチャ盲点! たしかに一応説明つく!!!



127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:01:36.53 ID:CJrQkU+JO
またパンゲアの話をほじくって申し訳ないけど
パンゲアという一つの大陸の前におんなじような大陸大移動が4~5回
あったってなんかのサイトでみたんだけど
どぅ思う?



あとこのままいけばまた一つの大陸に戻るの?



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:07:06.67 ID:wHDkAQl/0
>>127
何回もあったと思う、ただ同じような形にはならないと思うよ
今度は、

古世界の住人・1億年後の動物
205-128.gif 


こんな風に変わっていくよ



129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:08:43.24 ID:wHDkAQl/0
205-129.gif 

最終的には一つに戻るね、形は違うけど



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:26:53.92 ID:iPKGrCr20
エジプトがアトランティスと関係あるというのは疑問。
ムーの鳥人伝承がエジプトにも伝わってるし、そっちの線の方が強そう。



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:30:45.18 ID:wHDkAQl/0
>>133
鳥人伝承って、イースターのとはまだ違うの?
僕はアトランティスとの繋がりが強いと思うけど
他にムーとの繋がりあるの?
ムーの影響は西はエジプト、東は新大陸までだよ



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:40:22.74 ID:iPKGrCr20
>>134
ムー → (イースター) → 南米文明だから発祥はムーでしょ。
別ルートで 琉球 → 日本(アスカ文明)というのもあるけど。

エジプトの太陽信仰の形とか、マスタバなどの巨石文明はムーの系統じゃないの?




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:46:14.45 ID:wHDkAQl/0
>>140
太陽信仰のマークは確かにムーのかもね
ムーをエジプトに結びつける説は、初めて聞いたので
こちらが質問したいくらいです。
エジプトをかけて両国が争ったとかだったらもっと面白いけど

巨石文明の違いはよく分かりません
なんか違いあるのかな?



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:38:59.10 ID:H5Fc9AgB0
>>133
だがスフィンクスの足下にアトランティスの遺産が
眠っているというプラトンの話は妄想が膨らむなw
実際に空洞があるらしいし



139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:40:09.59 ID:wHDkAQl/0
>>138
そんな説あるね、調査しろよ~! って感じ
あと地下トンネルで世界中繋がってるとか~



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:44:30.72 ID:5V5LIX1xO
ピラミッドはアンク十字糸巻き説が面白い
鷹だか鷲だかは凧の象徴というか形
羽根の長さでバランスとかを記した記号
アンク十字は凧を操作するための糸巻き
天文は季節と風向きを計算するためのもの
とかなんとか
実験したら5人くらいでストーンヘンジは作れたらしいよ



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:48:42.53 ID:wHDkAQl/0
>>141
カイトで、ピラミッドや環状列石を作る説は読んだよ
ただ、凧を飛ばしてる絵や凧の遺物が出てきてないんじゃないかな。



145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:53:27.37 ID:5V5LIX1xO
>>143
確か別のところの奴を実験して
「これピラミッドも行けるんじゃね?」
って出て来た説だったような

でもその辺のをこじつけてみたら
かなり扱いやすい凧ができちゃったとかなんとか



146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:58:02.94 ID:wHDkAQl/0
>>145
アンク十字はこじつけっぽいし、
ピラミッドの巨石は、凧じゃあ引けないような気がするけど
それより、ナスカの地上絵は、気球を飛ばして上から見てたって
話の方が気になる、



144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:53:18.26 ID:CJrQkU+JO
オリハルコン(ヒヒイロカネ)が出てきたのに賢者の石が出てこない不思議



146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 16:58:02.94 ID:wHDkAQl/0
>>144
賢者の石は、錬金術のだからねえ・・
あまり、オルハルコンとは関係ないような



147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:00:32.20 ID:o+6xr8pC0
>>146
スプリガンというマンガでは確かオリハルコンの材料が賢者の石って事になってる
実際は関係ないような気はするが



148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:07:27.07 ID:wHDkAQl/0
>>146
スプリガンも読んだよー
でも、賢者の石っていうのは、クズ鉄を黄金に変えるとかダイヤに返るって言われてる代物で
アークの聖櫃や、聖杯伝説、ロンギヌスの槍みたいに実態のない伝説です。



150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:17:46.23 ID:o+6xr8pC0
掘り返すけどラーマーヤナに核描写あったの?
マハーバーラタにあるのは知ってるんだが
いかんせんお姫様取り返す物語の印象しかなくて・・・



151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:24:59.35 ID:wHDkAQl/0
>>150
核戦争描写はマハーバーラタの方が多いみたいだね

コピペでごめん

「ラーマーヤナ(R?m?yana)」は、ヒンドゥー教の神話と、
古代英雄であるコーサラ国のラーマ王子に関する伝説をまとめた大長編叙事詩で、
数多くの絵画、彫刻、建築、演劇、映画などの題材とされている。

 日本では、宮崎駿(みやざきはやお)監督の劇場用アニメ『天空の城ラピュタ』において、
いくつかその影響が確認できる。

 例えば、ラーマーヤナで登場するジャナカ王の娘シーター(Sita)は
、『天空の城ラピュタ』でいうヒロインのシータとして、ラーマーヤナにおける天空の神
インドラの超兵器「インドラの炎(インドラの矢)」は、ラピュタの最終兵器「ラピュタの雷」として
、それぞれラーマーヤナの影響を見ることができる。

 実際に映画の中のセリフでも、ムスカ大佐がラピュタ基底部の兵器を起動した際に、
「ラーマーヤナではインドラの矢とも伝えているがね」と言う場面がある

http://www.worldfolksong.com/songbook/others/kecak.htm


この二つの神話についてはあまり詳しくないです、ゴメン



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:28:02.60 ID:wHDkAQl/0
マハーバーラタ、古代インドの叙事詩ラーマーヤナ、リグ・ヴェーダ

超高温の火球=太陽が一万個集まった光り輝く柱
強烈な熱線=池の水が蒸発、猛火に焼かれた木々のように倒れる戦士たち、火傷で逃げまどう戦象、灰と化す住民
衝撃波=恐ろしい風、うなる雲、揺れ動く太陽
衝撃波で舞い上がる土埃=方向感覚を見失うほどの濃い闇
放射能汚染=髪の毛や爪が抜け落ちた死体、毒された食物、鎧を脱ぎ捨てて体を水で洗う生存者

です。

どれがどれに書いてあるか分かりません。



154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:43:51.79 ID:o+6xr8pC0
わざわざありがとう。本来なら俺がググるべきなのに
どっちにも核描写があるとは・・・

>超高温の火球=太陽が一万個集まった光り輝く柱
>強烈な熱線=池の水が蒸発、猛火に焼かれた木々のように倒れる戦士たち、火傷で逃げまどう戦象、灰と化す住民
>衝撃波=恐ろしい風、うなる雲、揺れ動く太陽
>衝撃波で舞い上がる土埃=方向感覚を見失うほどの濃い闇
>放射能汚染=髪の毛や爪が抜け落ちた死体、毒された食物、鎧を脱ぎ捨てて体を水で洗う生存者

とりあえずマハーバーラタには全部あったと思う
マハーバーラタもちゃんと読みたいんだが正直あの長さはつらい。



155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:44:54.36 ID:wHDkAQl/0
>>154
いえいえ、読んだんですねスゴーイ



157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/01(日) 17:57:43.38 ID:UEwKN0CKO
>>1結婚しよ


>>157
うn ぃぃょ





アトランティス、ムー、レムリア大陸にかなり詳しいけど


「神々の指紋」の超真相
205-book.jpg H・ユウム

おすすめ平均
stars嫌酒薬。その心は…
stars結論。グラハム・ハンコックは「ロマン小説家」である。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【書評サイト】
「神々の指紋」の超真相 Book Review
「神々の指紋」の超真相

[PR] ホテルリステル猪苗代ウイングタワー&本館 中古パソコンのイオシス
コメント
この記事へのコメント
よりによって神々の指紋かよwwイリヤッドに謝れ。


ところでこの>>1は決定的な間違いをしていないか?

ポールシフトというのは地球の磁気極が変わるだけで、地球の自転自体は変わらない。(というよりそこまでのエネルギーをどっから持ってくる気なんだ?)
隕石とかのレベルじゃないと地球は動かない。

重力が変わるとか質量保存の法則をどうクリアするつもりだ?

そして都合の悪いことは認めない、聞かない。
典型的なオカルトマニアだなwwwww

イリヤッドの方がまだ納得できる。
2009/03/04(水) 10:04 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vitaminabcdefg.blog6.fc2.com/tb.php/205-7e56e34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。